アルバイトと現場で働いていた社員の違い

私が倉庫にて荷物の仕分けのアルバイトに従事していたころのブルーカラー、現場の社員さんのお話です。荷物の仕分けのバイトを始めたきっかけは接客業が辛くて接客以外の業種を捜していたときにたまたま時給のよい倉庫内の仕事を見つけてしまったからです。志望動機も時給がよかったからと、面接で言ったら後日採用の電話をいただきました。

仕事内容は単純作業でいうなれば言われたことを黙々と熟していたらお咎めはないという環境でした。そして社員の人はいかに円滑に、かつ効率よく仕事をアルバイトの人たちに与えるかが求められていました。ただし倉庫に運ばれる荷物は毎日物量が変わります。また、その日の交通状況次第でトラックが着く時間も変わるので毎日同じように対応したらいいというわけではありませんでした。

アルバイトの人たちは荷物が到着せずに手持無沙汰になったときとかは掃除ばかりしていましたが、荷物が一度やってきたらずっと仕分けをします。しかし社員の人たちはトラックドライバーの人と電話で連絡のやりとりをしながら到着するタイミングを予測します。また、荷物が集中する場所に人を集中させたりと、指示をメインに行われていました。そしてどの時間帯でどの物量が来るかを予測しながら配置を替えたりして予測していきます。

しかし、私が働いてた職場は欠席率が非常に高かったです。たまたま怪我や病気で欠席してしまったのなら何も文句はありません。ここで休みを取る人は大抵が同じ人で中には明らか出勤数よりも欠勤数のほうが多い人たちもいました。そういう休みがちな人たちの連絡の度に「はい、分かりましたー」という事務の人......

欠席が多くてとても人手が足りないという状態でも余所の部署から人を呼ぼうとすることはなく、残ったアルバイトたちで荷物を仕分けしていました。しかし一人頭の仕事量が単純に増すので当然ミスも生まれます。そういうときは責任を取るのはおかしな話なのですが現場の正社員の人たちです。本当は休みがちな人を採用してしまった人事の人や、休みを承諾した事務の人たちにも責任はあるのですがその人たちにはお咎めがありません。おかしな話だと思いますが私が働いていた職場は人事や事務の社員さん、いわゆるホワイトカラーの人たちのほうがブルーカラーの人たちよりも立場が上でした。また、ブルーカラーで働いてる方の多くは経歴の浅い新人、もしくは他業種からなんらかの理由で中途採用された人が多いのです。その人たちはまだ年功序列でいうならば浅い立場の人なので不満はあるとは思いますがホワイトカラーの人や休みがちな人に対して文句を漏らすことなくがむしゃらに働かれていました。

また、現場の社員さんはフォークリフトを乗らなくてはいけないので必要に応じてリフトを運転されます。社員さんはもちろん資格を持っています。しかし社員以外の人がリフトの資格を持っていても運転することは禁じられていました。それは、アルバイトの人にリフトを運転させて万一人を轢いてしまったり等、労災に関わる事故を起こしてしまったときに取り返しのつかないことになるからだそうです。これを聞いて確かにその通りだな。と思う反面、では正社員の人が大事故を起こしたときはどうするのだろうか。と思ったりしました。

アルバイトと正社員の違いはアルバイトは責任を負わされることが正社員の人に比べると少なく、精神的な負担が軽いところにあります。ただし勤続年数がいくら長くても給与が上がることは早々ありません。正社員の人は給与がよく、福利厚生などの手当てを得られる代わりに仕事に対する責任感を押し付けられるポジションだと認識してます。予期せぬ責任感を押し付けられることもありますが『正社員』という肩書きだけで社会的に認められるのも大きなポイントだろうと思います。