飲食店からIT企業に転職した体験

私は3年ほど飲食店で働いていました。バイトからそのまま正社員へ昇格という形で正社員になりましたが、あることがきかっけでIT企業へ転職することになりました。その体験談をご紹介しようと思います。

飲食店では接客業をメインに仕事をしていて、接客業以外を経験したことのないわたしは他の業種に移るなんてことは考えられませんでした。しかし、飲食業はブラックな面も多く、私が勤務している飲食店は福利厚生も曖昧であまり良い雇用状態とは言えませんでした。それでも長年経験してきている接客業にやりがいも感じていたので、転職を考えることなく毎日を過ごしていました。

そんなとき、知人がIT企業の社長だということを知らされ、「もしやる気があるならうちの仕事にチャレンジしてみないか?」と持ちかけられました。最初は他の業種に移るというのはとても不安でしたし、ITに関してはまったくの無知です。少し考える時間が欲しい旨を伝え、周りの人に相談しました。飲食店でずっと働いていくことは可能なのか、今の雇用形態で働いて昇給はするのか、このまま働くメリットはあるのか、など真剣にアドバイスをしていただき、飲食店は体力勝負な面もあり、このままずっと続けていくことができるのか微妙なこと、昇給する可能性も少ないことから転職を決めました。

もちろん改めて面接をしていただき、無事転職をすることができました。しかし、飲食業とIT業は完全に別な業種です。今までの経験が役に立つことはほとんどありませんでした。最初の3か月は自社で研修という形でひたすらITに対しての知識を頭に叩き込みました。理数系でもない私がITの知識を身につけるのはとても骨が折れましたが、だんだんと理解できるようになってくると喜びも感じることができました。

私が働いたIT系の企業は下請けで、出向という形で別の会社に入り作業をします。3か月がたち、営業の方からそろそろ出向してみないかとお声がかかり、出向し実際に仕事をすることになりました。ITを少しかじっただけの私に勤まるのか、不安でしたがやってみないことには始まりません。大きな不安を抱いたまま、初めての出向先へ向かいました。

そこでのわたしの仕事はアプリ開発のテスト業務でした。色々なソフトを使い、アプリが正常に動作するか確認して報告をする業務です。最初は慣れなかったものの、数か月たつと慣れてくるもので一人で完璧に業務をこなすことができました。その出向は1年ほどで契約が終わり、また別の出向先へ。下請けなので現場の変動はかなりありますが、その先々で色々な仕事を経験することができるのでやりがいはすごくあります。出向先で身に着けた知識が次の出向先で役に立つことも多いです。

飲食業からの転職でしたが、今は曖昧だった福利厚生もきちんとしていただき、月収も上がりました。飲食業ではなかったボーナスもいただいています。想像と違っていたのが受ける案件、つまり出向先によって報酬が変わるので多少の月収の変化があるということです。そこまで大きな変化はありませんが、これはとても意外でした。

結果的には転職して良かったと思っています。IT企業は納期に迫られある意味こちらも体力勝負なところがあったり、残業が続いたりもちろんホワイトとは言い切れないところもあります。それでも将来役に立つ知識が身についたりするのは利点ですし、今の世の中のニーズにあった仕事をしているという感覚、常に新しくなるITの情報を勉強していくやりがいは飲食業のころとは比較することができません。全くの別業種への転職は不安も大きいと思いますが、実際に行動してみなければ転職してよかったかどうかはわからないと思います。ただ、やる気と勉強さえする気持ちがあるなら転職にチャレンジするのも手だと思います。